1月の胡蝶蘭 気温が低くなってきたけど大丈夫かな?

我が家の胡蝶蘭、まだ大丈夫なようです。
12月より気温が低くなってきましたが、見た感じでは12月の状態と変わりないようです。

比較のために12月にアップした写真もアップしてみます。

12月の状態

ほんの少し長さが増しているような、あまり変わりがないような~。

ちょっと分かり辛いですね。写真の角度も違うし、明るさも違う。だいたいスケールというものが無いですね。

長さは19mmです。

胡蝶蘭の温度管理

12月にサイトアップした後に温度計を購入しました。

胡蝶蘭は寒さが苦手で、冬の育て方のポイントとしては
 1.温度を下げないこと
 2.乾燥させないこと
です。

このため、毎日の最低温度が気になり始め、最低温度が記録できるタイプの温度計を購入しました。湿度計もついているので乾燥のチェックで同時に可能です。

この温度計は、自動的に20秒ごとの温湿度を測定し、温湿度の最高・最低を自動的に記録してくれます。

本体の裏側にMAX/MINの切り替えボタンがあって、このボタンを押すごとにこれまでの最高、最低、そして現在の内容を表示します。

これまでの最低温度と最低温度は
 最低温度 : 3℃
 最低湿度 : 24%
でした。

最低温度3℃は危ない温度だったはず。でも花芽の状態は悪くなさそう。たぶん、ほんの一瞬3℃になったことがあって、その他の日は大丈夫だったのだろう。

この温度計の使い方メモ
①「MAX/MIN」ボタンを押す。
  「MAX」の表示が出て、最高温度と最高湿度が表示される。
②もう一度「MAX/MIN」ボタンを押す。
  「MIN」の表示が出て、最低温度と最低湿度が表示される。
③もう一度「MAX/MIN」ボタンを押す。
  現在の温湿度表示に戻る。

一日毎の最低気温を知るためには、毎日、リセットボタンを押すんだそうです。そうすると、これまでの記録がなくなり、新たに最低・最高を記録することになります。

毎日、リセットボタンを押すのも面倒ですね。それに、継続的な温度・湿度の変化も分かりませんね。

今年の冬は去年ほど寒くなにので、このままでも大丈夫かも。でも本当に寒いのは1月後半から2月なので、どうなることやら。